アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Transgender Journal
ブログ紹介
Gender/Sexuality/医療人類学
サブテーマ「原子炉の人類誌」が学振挑戦的萌芽研究 課題番号26580152 平成26―28年度に採択されました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
二次性徴抑制+ホルモン療法+SRSの予後は良好?
De Vries AL, McGuire JK, Steensma TD, Wagenaar EC, Doreleijers TA, Cohen-Kettenis PT: Young adult psychological outcome after puberty suppression and gender reassignment. Pediatrics. 2014 Oct;134(4):696-704. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/09 03:49
身体変工せずとも性別変更が可能に、デンマーク
身体変工せずとも性別変更が可能に、デンマーク 英国で発行されているPinkNewsによるとデンマークではなんら身体変工せずとも出生証明、社会保障、旅券などの性別を変えられるとするジェンダー認識法が2014年成立した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/05 01:49
強制的性器切除
強制的性器切除 朝日新聞 私の視点 2014.07.06(sun) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/07/12 14:59
米国医師会:性別変更の要件の修正を呼びかけ
米国医師会は今月5日月曜にトランスジェンダーの人々は、出生証明書などの法的身分証明書を更新するために性器手術を受けることを必要とされるべきではないことを宣言したポリシーを採用した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/12 00:03
性別変更届(ニューヨーク州)
ニューヨーク州のトランスジェンダー性別変更申請の方法が変更された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/08 22:04
TG医療の統治を巡る動き
今週は海外でトランスジェンダーの動きが結構ありめまぐるしいほどでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/31 23:17
性別変更の特例法に"No"
スエーデンのアクティヴィストの友人からのメイルによると、スウェーデンの行政裁判所は昨日法律上の性別変更する際に精神科診断書を提示する必要はないとした模様。更に、スウェーデンの裁判所は、厚生国家諮問委員会により提唱された法律上の性別変更に求められる現行要件は無効であるとした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/25 06:57
科研費「原子炉の人類誌」
「原子炉の人類誌」学振挑戦的萌芽研究 課題番号26580152 平成26―28年度 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/19 20:37
Journal Watch: 男の性自認を持つ8歳の女の子
【Journal Watch】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/11 03:41
【Journal Watch】 クローゼッテというインターセックス売春婦
【Journal Watch】  クローゼッテというインターセックス売春婦 Meet Claudette, An Intersex Sex Worker From Switzerland (NSFW) The Huffington Post by Priscilla Frank Posted: 04/01/2014 写真家Malika Gaudin Delrieuの取材によるクローゼッテの語り http://www.huffingtonpost.com/2014/04/01/malika-gaudin-delrieu_n_5063445.html?ncid=f... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/28 00:04
性別違和(旧性同一性障害)に関する第23回WPATH国際会議参加報告
性別違和(旧性同一性障害)に関する第23回WPATH国際会議参加報告 第23回トランスジェンダーの健康に関する世界専門家会議(The 23rd WPATH Symposium)が2014年2月14−18日の日程でバンコクにおいて開催された。政治情勢不安から開催が危ぶまれたが大した混乱無く成功裏に終了した(写真1)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/27 15:51
拙訳:少年が少女になって行くお話 NEILS BECAME NICOLE
拙訳:少年が少女になって行くお話 NEILS BECAME NICOLE NEILS BECAME NICOLE "Now I am able to be who I actually am" ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/27 15:22
Why the transgender verdict is an incomplete one.
http://www.livemint.com/Leisure/Nv9Azw4bFA30CGbyCWSXUJ/LOUNGE-OPINION-Why-the-transgender-verdict-is-an-incomplete.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/27 02:22
DATA: インド最高裁、「第三の性」を認める判決
【AFP=時事】インド最高裁は15日、身体的な性と性認識が 一致しないトランスジェンダー(性別越境者)を「第三の 性」として法的に認める判決を下した。 同性愛禁止法は合憲、インド最高裁が判決 この裁判は、著名なトランスジェンダー活動家のラクシュ ミ・ナラヤン・トリパティ(Laxmi Narayan Tripathi)氏ら のグループが、法の下での平等な権利とトランスジェンダー を性別として法的に認めることを求めて2012年に提訴した もの。インド国内に数百万人いるとされるトランスジェン... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/23 17:33
Gender Dysphoria in conclusion
We should deeply reflect the inhuman treatment such as electric stimulation and water shower for old GD individuals. Even in the modern medicine, however, making a diagnosis of gender dysphoria (old gender identity disorder) is still dependent on "... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/23 17:22
無くなる性別
無くなる性別 性別適合手術の有無に関わらず戸籍の性別変更を認める国がヨーロッパを中心に広がっている。アジアでは2013年11月に台湾が初めて認めた。正常生殖臓器の摘出を法律で要求するのも変な話である。しかし当事者のなかには性器変工なくして性別適合はあり得ないとする者は少なくなく尤もな意見であるように思われる。transsexualismは一義的には権利の問題ではなく、生物学的問題のはずでなのですが、、、、。 個人的にはペニスを持った女性は認めがたいし、女性としてペニスと共存できるメンタルポジションは残念なが... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/17 16:12
バイジェンダー Bigender
カリフォルニア大学脳と認知研究センター のCaseとRamachandranらはジェンダーが不随意に変わる症例を見いだしその病因について仮説している。Ramachandranさんは大脳半球の左右差に詳しい神経科医で菅原和孝著『感情の猿=人』p320にも登場する。Med Hypothesesは仮説だけで投稿出来る言いたい放題の面白い医学雑誌ですがレベルは低くない。残念ながら関連する論文は当該論文以降発表されていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/01 01:30
MtF手術を二期で
【Journal Watch】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/25 11:12
female-to-male (FtM)トランスセクシュアルの大脳白質の微細構造変化について
female-to-male (FtM)トランスセクシュアルの大脳白質の微細構造変化について 【Journal Watch】 Rametti, G., et al.: White matter microstructure infemale to male transsexuals before cross-sex hormonal treatment. A diffusion tensor imaging study. 2010 J Psychiat Res, doi:10.1016/j.jpsychires.2010.05.006. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 15:13
性転換後は脳の形態も異性化する
性転換後は脳の形態も異性化する 【Journal Watch】 Hulshoff Pol, HE, Cohen-Kettenis, PT, Van Haren, NEM, Peper, JS, Brans, RGH, Cahn, W, Schnack, HG, Gooren, LJG, Kahn, RS. 2006 Changing your sex changes your brain: influences of testosterone and estrogen on adult human brain structu... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/01 07:02
ローマ法王は同性婚反対を強調
ローマ法王は同性婚反対を強調 2013年7月6日付 朝日新聞 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/06 17:43
米連邦最高裁 「同性婚合憲」
Anyway, an epoch! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/29 10:00
【人権としての性的少数者】
You are not alone. LGBT rights are human rights. Together, we will built the world that is free and equal. ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 23:42
バンコク形成外科医の語り
タイ人FtMが性別適合手術(SRS)を受ける事はほぼ皆無。なぜか、、、。 バンコクでSRSをチュラロンコン大学関連施設において数多く執刀する若手形成外科医に率直な意見を聞いてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 17:18
Neo-vaginaの細菌叢に注意_Journal Watch
Neo-vaginaの細菌叢に注意_Journal Watch ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 15:46
タイ・チェンマイ大学トランスジェンダー自助会
タイ・チェンマイ大学トランスジェンダー自助会 トランスジェンダー自助会,:Paper Rose_Chiang Mai University ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 14:32
性別適合手術の保健医療化
『性同一性障害性別適合医療の保健医療化には根拠が無いのでは』 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 14:15
MtFの非常に高いHIV陽性率
Trans woman(いわゆるMtF)のHIV罹患率は日本人男性平均の1000倍も高い。 2000-2011年、米国、オーストラリア、マレーシアなど環太平洋6カ国、ラテンアメリカ5カ国、ヨーロッパ3カ国での調査、11066人のtrans womanの19.1%がHIV陽性。低ー中所得7197人中17.7%、高所得3869人中21.6%で所得とは相関しない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/18 13:09
TGケアに関する論文要旨(Transgender Journal)
身体とジェンダーの狭間で苦悩する性の救済 ― 性同一性障害の理解と看護ケアのための医療人類学 − ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/18 12:53
ジェンダー外来(Gender Clinic)@Transgender Journal
毎月第1土曜日午後14−20時 ジェンダー外来始めました。 セカンドオピニオンとポスト・トランスの方々の医療相談、治療を目指します。 完全予約制ですので受診ご希望の方は下記宛ご連絡下さい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/13 19:06
腹直筋によるペニス形成術後の合併症:腹痛についての考察
腹直筋によるペニス形成術後の合併症:腹痛についての考察 腹直筋を使ったペニス形成術後、数年後に腹痛を来すことがある。 原因について以下のように考察した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/11 01:15
Is the soc7 still a milestone for GID?
Many gender variant individuals and researchers have investigated how to “trans”. But there are many GVs in Thailand and Japan who want to "resume" their original gender. They only want to be happy in harmony with their gender regardless of genital r... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/11/20 08:35
第二回タイ・フィールドワーク
第二回タイ・フィールドワーク 第二回タイ・フィールドワーク中です。先月アトランタWPATHのpreliminary talkではJoycelyn Elders教授が以下のように述べられ喝采;“We have tried ignorance for a thousand years. It's time we try education.” Standard of Care SOC v7が配布されましたが30年以上前の初版が改訂されながらも未だにstandardなのには嫌悪感を抱きました。 バンコクではわたしの行動範囲は洪水... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/31 09:52
MtF_SRS (陰核、膣形成術)_レヴュー (作成中)
MtF_SRS  (陰核、膣形成術)_レヴュー (作成中) Penile Skin Inversion on vaginoplasty, labiaplasty and clitoroplasy, clitoral hood reconstruction with pedicle neurovascular glans penis for erogenous clitoris. ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/10 19:44
Journal Watch: GIDと幼児虐待
Bandini E, Fisher AD, Ricca V, Ristori J, Meriggiola MC, Jannini EA, Manieri C, Corona G, Monami M, Fanni E, Galleni A, Forti G, Mannucci E, Maggi M.: Childhood maltreatment in subjects with male-to-female gender identity disorder. Int J Impot Res. 2... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/20 19:00
FtM_SRS(陰茎形成術)_レヴュー
FtM_SRS(陰茎形成術)_レヴュー phalloplasty vs metoidioplasty FtMのための陰茎形成術をレヴューしてみました。判断の助けになれば嬉しい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/10 00:41
レディーボーイ
レディーボーイ 敬虔な仏教国であるタイではカトーイ、レディーボーイといえども僧の修練は厳しい。徹底的に男であることを教えられる。一部のタイの寺院では11−18歳のカトーイを対象にした“男性化教育プログラム”が用意されている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2011/07/17 15:07
ビールの警告表示
ビールの警告表示 今日の土曜日はオフにして朝からビールと好きな音楽を聴きながら洗濯とデータ整理。すっかり夏休み気分 m(_ _)m 。 備蓄しているビールの缶にタイ語でなにやら書いていますが読めません。18という数字があるので禁酒の警告?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/09 18:43
タイでものんべえなわたし、、、
今日は日曜。タイではアルコール中毒が多く11-14,17-24時のアルコール販売は原則禁止されています。特に昨日今日は総選挙のお陰で全面禁酒。でものんべえなわた しはレジデンスの冷蔵庫に備蓄しているのでなーーんら問題ありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 16:55
Calypso Cabaret
Calypso Cabaret Air Macが起動しなくなった。知り合った日本人に付き合ってもらってTHONGLORトンローのレジデンス近くの i StudioというMac専門店に駆け込み無料で起動してもらった。45W電源アダプターが不安定なのでその日再び行って購入したが少し高い2690B(約8070円/日本定価6800円うひゃ)。Chulalongkornチュラロンコン大学関連病院で書き上げた膨大な手術スケッチなど記述したものは残っているが、あわやフィールドワークデータと画像が飛んでしまったかとちょっとヒヤリ(个)。次回は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/03 04:01
タイフィールドワーク
タイフィールドワーク みなさま、おはようございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/29 11:42
音楽の人類学
音楽の人類学 時間を捻出して久しくサントリーホールへ。帝政ロシアからペレストロイカを生きた3人の作曲家、チャイコフスキー、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィッチを聴いた。叙情的なチャイコフスキー、反体制的なショスタコーヴィッチ、感情的、情熱的なストラヴィンスキー。音楽の発生は人間のコミュニケーション・ツールとしての単純なリズムのパーカッションからだと聞いたことがあるが、地域文化に根ざした音楽の壮大な発育は人類学的興味が尽きず、コンサートの大きな楽しみの一つ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/18 08:40
感情の医療(2)
感情を発現する神経伝達構造はヒト固有の本態的(反射的)機能であろう。ヒトが文化文明を構築することで“発達した”他の神経活動が脳の固有系に影響を及ぼし始め、感情の発現が“修飾”される。感情固有系自体にはなんら変化はないのであるが。文化文明は脳の固有機能を“快”なる方向に動機付けるように影響する(悪)ことで人類を破滅に向かわせる。つまり文化文明とは人類が計画死(apoptosis)する為の装置なのではないだろうか。このことに気づけば(善)文化文明そのものが“感情の治療”ツールになることが分かる。文化... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/09 03:28
感情の医療(1)
感情の医療(1) 感情の医療について処方を模索しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/04 23:51
地球の老化
ヒトは必ず死ぬのですからその集合体としての人類も死ぬ運命にあるのではないのかなあ。人類は地球のエネルギーを食べて生きているのですからそのエネルギーは人類に用意されたエネルギーであり真摯に食べさせて頂かないと地球の寿命はどんどん短くなるのは当然です。その為に人類が考えだしたテクストが科学文明だとすれば原発事故は自然エネルギーの操り方を間違えてしまった、結果誤った文明である可能性がありその障害は恩恵に与った全ての人々が甘受しなければならない。地球のエネルギーは有限ですからそのエネルギーを食べ尽くして... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/23 02:19
DSM-V 「ポスト・トランス」 - APAが指摘する今後の問題点
いわゆるハッピー・トランスを遂げてもその後のQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させるには何らかの医学的介入が重要なように思われる→ポスト・トランスの問題。 DSM-5では青年および成人のGender Dysphoria診断に関連して“ポスト・トランス”の問題が新たに浮上している。つまり、多くの場合トランス後は最早Gender Dysphoria診断基準を満たさなくなる(→治癒状態)のであるが、彼/彼女らは引き続いてホルモン治療や更なる形成外科手術を検討したり、また身体の社... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/15 09:36
文部科学省科学研究助成に採択して頂きました <(_ _)>
今年度より3年間トランスセクシュアルに関する文化人類学的海外調査研究が採択されました。この時期に大変ありがたいことです。 本務や他の研究業務の許す範囲で可能な限り海外に出かけて調査し成果を公表したいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/08 01:48
DSM-Vの修正点
第一相試験を終え、2011年5月4日に加えられた主な修正点は二つ: ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/08 01:36
パパに思いっきり女の子の遊びを取り戻させて!?
gender dysphoriaとニューロリハビリ: ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/03 20:25
天災、[人災+]
天災、[人災+] 同時に起こった未曾有の天災と人災、言うまでもなく地震と津波、それと原子炉炉心溶融事故です。一ヶ月半が過ぎて二つの災害の経過は際立って違って見えます。牙をむき出し数万人もの命を瞬時に奪った自然は余震が続いてはいるが今では何も無かったかのように静かな海と大地の自然を平静と装っています。被災地にも復興を応援しているかのように桜が咲き乱れ人々を癒してくれています。一方炉心溶融事故は恢復の兆しすらないばかりかまだまだ余談を許さない状態です。プルサーマル実証炉として期待された3号炉のプルト二ウムが最悪大気に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/24 12:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

Transgender Journal/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる